突発性難聴・顔面神経麻痺・喉・花粉症が専門の耳鼻科鍼灸院

住所
山手線 駒込駅東口徒歩3分 東京都北区中里2-11-3 SKハウス1F

【 完全予約制 】お気軽にお電話ください

03-5567-0688
受付時間
10時〜20時(最終受付19:30)
休業日
木曜日・日曜日

スタッフ紹介

山口 紗季

資格

はり師・きゅう師(国家資格)、JSメソッド認定鍼灸師、Re Voiceメソッド認定鍼灸師

経歴

2012年 日本工学院八王子専門学校鍼灸科に入学

2015年 はり師・きゅう師(国家資格)を取得

2105年 銀座本院・横浜元町院にて院長として勤務

母になる女性のための鍼灸マッサージサロン 天使のたまごに勤務。マタニティケアを軸に、妊活から産後の女性のケアに携わる。後輩の指導にもあたる。

2020年 はりきゅうルーム岳に入社 

鍼灸師になろうと思ったきっかけ

きっかけは東日本大震災です。

高校生だった当時、実家の福島にいて被災をしました。

元々、親戚に医療関係者が多く、小さい頃から憧れの職業でもありました。

そんな時に震災を通して、何気ない日常が当たり前ではないことを、高校生で改めて深く学びました。

その経験から、「医療の中でも患者さんと深く接することのできる道で、体も心もケアができる人になりたい!」と強く思うようになりました。

鍼灸との出会いは、ある雑誌でした。

その記事は、美容鍼灸をテーマにしていたものでした。

鍼灸って痛みを取る事ははもちろん美容まで出来て、困っている人に幅広くケアできるんだ!私も鍼灸師になる!と直感で決めました。

その経験から、困っている患者さんの症状の改善から、その方が笑顔で毎日を過ごせるようサポートできる鍼灸師になることが目標です。

耳鼻咽喉科に対する想い

耳鼻咽喉科には、小さい頃から関わりが深くありました。

私は、「どもる」という症状に悩まされ続けて来ました。

「どもる」とは、最初の一言目やある単語になると、言葉が詰まってしまい喋れなくなる症状です。

どもる恐怖心から、いつしか人前で話すことが嫌いになってしまいました。

大人になれば治るという記事を信じていましたが、私のどもりは一向によくならず・・・

社会人になってからは、話さなければいけない機会が多くなり、辛い時期を過ごしました。 この事を誰かに話した所で理解してもらえないし、コンプレックスでもあるので、誰にも言えませんでした。

ですが、総院長の竹内に相談することができ、「どもり」は精神面と大きく関わることを教えてもらいました。それに加え、話すポイントも教えてもらい、少しづつですが、「どもり」が減ってきました。

私は、はりきゅうルーム岳に入社して、同じ症状で悩んでいる人が声優さんなどに多いことを知りました。

声で悩んだ経験のある私だからこそ、そういう方の気持ちに寄り添い、一緒に乗り越えられるサポートをしたいと、強く思います。

はりきゅうルーム岳に入ろうと思ったきっかけ

鍼灸師なのに鍼灸の効果を実感したことがありませんでした。

この道を志した時には、鍼でさまざまな悩みをサポートできる!私もそうなれる!と思っていました。

ですが、実際に臨床の場に立つと、思っていた理想と違いました。

職場や患者さんからマッサージを必要とされることが多く、「マッサージのみでいいんじゃないか?」と思うようになりました。

それでも患者さんが喜んでくれるので、やりがいを感じていましたが、治せる鍼灸師になりたい!という思いは徐々に大きくなっていきました。

 そんな時にはりきゅうルーム岳を知りました。

病院で治せない病気、治療法がない病気を扱っている。それこそが東洋医学のプロ(鍼灸師)としてかっこいい姿だったのです。

入ってすぐに学んだことは技術がすべてではないということです。「何をするか」よりも「誰がやるか」が大事という言葉を聞きました。私という人間がだれかの役に立てるようになりたい!と思いました。そして、誰かを笑顔にできるような鍼灸師に、そして、そんな人間に成長できる場所がはりきゅうルーム岳なんだと実感しています。

松井 万里奈

資格

資格

はり師・きゅう師(国家資格)、JSメソッド認定鍼灸師

経歴

2014年 はり師・きゅう師免許(国家資格)を取得。

専門学校在学中、アメリカ・カリフォルニア大学にて解剖学研修課程を修了し知識を広げる。

卒業後、鍼灸整骨院にて勤務。骨折・脱臼・捻挫などの外傷処置や肩こり、腰痛などの慢性疾患のリハビリ業務に携わる。

2016年 柔道整復師免許(国家資格)を取得

2020年 はりきゅうルーム岳に入社

 
鍼灸師になろうと思ったきっかけ

きっかけは人を笑顔にできる仕事だったからです。

私の両親は鍼灸整骨院を営んでおり、学生の頃から受付業務などを手伝う機会がありました。

暗い表情でいらっしゃった患者さんが両親の施術によって明るい笑顔で帰る姿を見て、私も人を笑顔にできる仕事がしたいと思い、憧れの職業となりました。

父の施術の補助で、女性が下着を露出して施術をする場面がありました。

その時に父も患者さんも慣れたようにやっていました。当時高校生だった私はその当たり前の光景に疑問を持ちました。

「男性に下着を見られながら施術されるのは恥ずかしい」と。

そこで思いました。

「私が鍼灸師になったら、女性の方は安心して施術を受けてもらえるかもしれない!」

そこから私は父と同じ道を志しました。

耳鼻科に対する想い

私は、はりきゅうルーム岳に入社するまで「上咽頭炎」という病気の存在を知りませんでした。

入社してすぐ、もしかして私は上咽頭炎なのではないか?と思ったのです。

高校生の頃から悩んでいた喉の上の方のねばっこい絡みや、食後の咳払い。起き上がれないほどの全身倦怠感。これらの症状は自分の心の弱さだと思っていました。特に朝起き上がれないほどの倦怠感が辛く、仕事を転職するほどでした。

岳に入社して、今までの身体の不調が上咽頭炎という病気で全て繋がったのです。

「自分は上咽頭炎という病気だったんだ!」とわかり、スッキリした気持ちになりました。

岳に入社して、私と同じ症状で悩んでいる患者さんがこんなにもたくさんいらっしゃることに、とても驚いています。

このような経験をしている私だからこそ、患者さんの心に寄り添ってお力になれれば、と思っています。

はりきゅうルーム岳に入ろうと思ったきっかけ

鍼灸師としてやっていく「覚悟」が強くついたからです。

学生の頃、鍼灸師になったらこんな治療ができたらいいなと夢見ていましたが、現実にはそうはいきませんでした。鍼灸を使う機会は少なくマッサージ業務ばかりの毎日で、そんな毎日に疑問を抱いた私は体調(上咽頭炎による全身倦怠感)も相まって、夢を持って入った鍼灸の世界から遠ざかってしまいました。

もう戻ることはないかもしれないと考えていた時、はりきゅうルーム岳を知りました。

一度挫折、絶望し、諦めたからこそもう一度鍼灸師としてやってみたい!と強く「覚悟」できた場所でした。今思えば、鍼灸の道を諦めた当時は鍼灸師としてやっていく覚悟が無かったんだと思います。

私が世界40カ国を周った時、コミュニケーションを取るうえで大切なことは、どれだけ興味を持って「聞く」ことができるか、の重要性を体感しました。言語ではなかったのです。

岳では患者さんのお話を「聞く」ことを実践し「安心」を提供することを理念としています。

今までの自分を捨て、鍼灸師として覚悟を持って自分と向き合うことで患者さんに安心を提供できる。それがはりきゅうルーム岳です。

総院長 竹内岳登

資格

資格

はり師・きゅう師(国家資格)、JSメソッド認定鍼灸師、Re Voiceメソッド認定鍼灸師

経歴

2008年日本工学院八王子専門学校鍼灸科に入学

在学中は鍼灸の研究チームを立ち上げ、学校史上初の論文を作成し、学会に提出。高い評価を受ける。それがきっかけとなり、以降、毎年学会に論文を提出するのが学校の伝統となる。

2011年 はり師・きゅう師の国家試験合格。

2011年 TH東洋総合センターに勤務

2012年 デイサービスの脳梗塞の後遺症やパーキンソン病に対し鍼灸やリハビリを担当

2013年 薬局に勤務。薬の知識を学ぶ

2013年 文京区の鍼灸整骨院で働く(この頃に活法に出会う)

2014年 はりきゅうルームカポスにオープニングスタッフとして入社副院長という立ち位置でカポスが繁盛院になるまで尽力。入社と同時に、技術セミナーの講師に就任。北海道から鹿児島まで全国の鍼灸師に技術指導。その頃から、当院の専門としている症状で多数の改善例を経験していく。

活法研究会で整動鍼セミナーの初代講師就任。2014年〜2017年に北海道〜鹿児島まで全国の鍼灸師、延べ800人以上に鍼灸の技術を指導。

古武術鍼法 脊柱編 講師

古武術鍼法 四肢編 講師

古武術鍼法 腹背編 講師

整動鍼 脊柱編 講師

整動鍼 四肢編 講師

整動鍼 腹背編 講師

整動鍼 基礎取穴復習編 講師

整動鍼 基礎臨床実践編 講師

 

2017年6月 はりきゅうルーム岳 開院

得意分野を極めた、突発性難聴、顔面神経麻痺、喉、花粉症、上咽頭炎専門の耳鼻咽喉科鍼灸院を立ち上げる。

2018年6月 株式会社Gakuを設立

2018年7月 500人の治療家が所属する維新会で、講師を任される。

2018年12月 日本古来の整体術「活法」を知ってもらうために、一般向けにセミナー開催

2019年6月 「慢性上咽頭炎は東洋医学で治す」を出版。Amazonランキング1位獲得

特技

少林寺拳法 二段 関東大会準優勝 東京都大会2連覇

古武術

ナレーターさんの声まね

趣味

TVゲーム(モンスターハンター、CODシリーズ)

フットサル・サッカー観戦

ごあいさつ

鍼灸師になろうと思ったきっかけ

 私は少林寺拳法に出会ってなかったら、鍼灸師になっていません。

 高校の部活から始めた少林寺拳法。入部した理由は、暇つぶし程度でした。礼儀や思想も学びつつ、技を磨いていました。のめり込み、自宅近くの道院(道場)にも掛け持ちして通うようになりました。その道院では、子供達が100人以上在籍していました。

 大会前になると、子供達が怪我で苦しんでいる姿を見て、力になってあげたいと思い、鍼灸師になることを決めました。

専門分野に対する思い入れ

 私は小学生から数年前まで、ひどいアレルギー性鼻炎で悩んでいました。

突発的にくしゃみ、鼻水が出てきて、止まることはありません。ひどい時は意識がもうろうとし、歩けなくなる事も少なくありませんでした。

耳鼻科を何件も通い、さまざまな薬を使ってきましたが、残念ながら症状は改善されませんでした。薬の副作用で「眠気」「のどの渇き」があり、それらに苦しみ続けていました。

 
 そんな時、臨床を繰り返す中で、鼻炎の原因は「鼻に熱がこもること」に気付きました。それ以降、鼻に「熱」を溜めないための施術を自分自身に繰り返しました。
するとアレルギー性鼻炎が克服できたのです。今では鼻炎であった事を忘れられる生活を送っています。
私はこのような経験から、耳鼻科疾患で悩んでいる人の力になりたいと、強く思うようになりました。
同時に、薬の存在に疑問を感じるようになりました。
薬が有効な場面は多くありますが、常用していくことは身体によくありません
薬を使わないで済む生活を、送れる事にこしたことはありません。
 
 
 私は、病院で治らなかった症状。薬で良くならなかった症状。
 
それらの症状を耳鼻科領域に特化して研究してきました。
 
 西洋医学と東洋医学では、スプーンとフォークのような関係性です。
スパゲッティーをフォーク(西洋医学)では簡単に食べられますが、スプーン(東洋医学)では食べる事は難しいです。スープの場合は、フォーク(西洋医学)よりもスプーン(東洋医学)の方が断然向いています。
突発性難聴・顔面神経麻痺・喉・花粉症は東洋医学(スプーン)が適しています。

 鍼灸が得意な分野を研究し、可能性を広げ続けています。

ご予約・お問い合わせ

【完全予約制】
お問合せ・ご予約は、お電話、お問合せフォーム、LINEからお気軽にどうぞ。

03-5567-0688

アクセス

03-5567-0688
住所

JR山手線 駒込駅 徒歩3分
東京都北区中里2丁目11ー3 SKハウス1F