突発性難聴・顔面神経麻痺・喉・花粉症が専門の耳鼻科鍼灸院

住所
山手線 駒込駅東口徒歩3分 東京都北区中里2-11-3 SKハウス1F

【 完全予約制 】お気軽にお電話ください

03-5567-0688
受付時間
10時〜20時(最終受付19:30)
休業日
木曜日・日曜日

顔面神経麻痺改善の専門

当院の3つの特徴

顔面麻痺の改善に特化した技術

顔面神経麻痺の施術を徹底的にみがいています。顔面神経麻痺を改善するためには、一般的な鍼灸の技術だけでは足りません。

顔だけでなく身体全体を観察し、多角的に分析する事で、原因が浮かび上がってきます。

国家資格プラスαの専門知識

国から認められた教育機関である専門学校で、所定の学科や実技をクリアして、厳しい国家試験を合格した者だけが与えられる国家資格。

当院は、国家資格プラスαの専門知識で、顔面神経麻痺で悩む方に応えていきます。

院長の強い思い

「今の症状だけ取れればいい」とは思っていません。

本当にやりたい事はなんですか?

症状改善の先にある、あなたの笑顔や幸せを目標にしています。

似たような症例はありませんか?

こんなことで悩んでいませんか?

  • 病院の集中治療が終わったが、改善がみられない
  • 手術したが、思ったより改善しない
  • 目が乾燥し、痛くて仕事に支障がある
  • 曲がった口が見えてしまうため、人前で食事ができない
  • 病院以外で顔面神経麻痺を改善できる方法を探している

顔面神経麻痺の完治例が多数あります!

「ここまで回復するとは、鍼って効くんだねー」と医師にほめられ、鍼に救われた事を実感しました。

埼玉県 50代 女性 主婦 O・T様
ラムゼイ・ハント症候群(顔面神経麻痺)

 耳は赤紫色になって腫れ上り、左頭部の電気が走る様なピリピリっとした激痛に全身まで震えていました。

いつになったら楽になるのかという不安とただ痛みに耐えるしかなかった

最初は唇に力が入らず、眉毛の位置が違う程度だったのですが、次第には口がゆがみ始め、うまく喋れなくなり、目が閉じれていない事に気が付きました。

 最初は薬を飲めば麻痺は良くなると安易に考えていたのですが、一週間程は麻痺が進む事を聞き、ただただ泣き崩れました。

そんな時、娘がネットで帯状疱疹と顔面神経麻痺には鍼がいいという岳ルームのホームページにたどり着いたのです。

 一刻も早く鍼を始める事を進められ、私は少しでも麻痺の進行を止められればという思いで施術を受ける事にしました。

当初は、目が閉じられない為に顔も髪も洗う事が苦痛で、食事もまともにとれず、加えて一人で歩く事が出来ない程のめまいが始まっていました。

そして麻痺が始まって24日目に某市立病院に行ったら、ビックリされたんです。

「一ヶ月たたないうちにここまで回復するとは、鍼はやっぱり効くんだねえー」と、先生にほめられた事で、私は鍼に救われた事を実感しました。

約1ヶ月目、めまいは多少残るものの、私はほぼ日常生活と笑顔を取り戻しました

 竹内先生は病気の事を本当によく分かっている方なので、辛さを理解してもらえるし、病院で聞き忘れた事などいっぱい質問し、不安も少しずつなくなり、気持ちが楽になっていったのを感じます。

私の知る人がもし、帯状疱疹、顔面神経麻痺になったら、迷わず一刻も早く岳ルームに連れて行くでしょう。

 

※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

初めて施術を受けた日。驚きました。もっと早く鍼と出会いたかったです。

東京都 22歳 女性 大学生 F・M様
顔面神経麻痺(ベル麻痺)

本人直筆

 ある日、朝起きたら顔の左半分が動かなくなっていました。目を閉じられない為に一日中涙が止まらず、何か飲んでも手で唇の端を押さえないと漏れてしまっていました。その日のうちにインターネットで調べ、顔面神経麻痺を疑いました。かかりつけの耳鼻科へ行くと、やはり顔面神経麻痺(ベル麻痺)と医師に言われ、1週間分の飲み薬を処方されました。薬の内服を続けながらも日に日に症状が悪化していると感じた為、耳鼻科を変え、点滴を始めました。薬を大量に入れることで副作用もありましたが、良くなると信じ通い続けました。しかし一向に良くならず…。

 そこでインターネットで鍼が効果的であると知り、「はりきゅうルーム岳」を見つけました。藁にもすがる思いで、予約をし、初めて施術を受けた日。

驚きました

 一度、針を刺すだけですぐに、口角が少し上がったのです。こんなに細い針で、良くなるんだ!と思いました。通院する度にどんどん回復していき、通院し始めてから3週間でほぼ元通りになりました。鍼は少し痛そうというイメージはありましたが、良くなるためなら何でもするくらいの気持ちだったので恐怖心は特になかったです。

 先生はとても優しく親身になって話を聞いてくださり、「絶対良くなる」と断言して下さったので、とても心強かったです。

麻痺が良くなるだけでなく、内面的にも助けられ、明るい気持ちになりました。もっと早く鍼と出会いたかったです。先生、本当にありがとうございました!

 

※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

初めての鍼にチャレンジ。通うごとに変化を感じられる事がうれしく、前向きになりました。

神奈川県・30代・女性・アパレル
顔面神経麻痺

 右側顔面神経麻痺(ハント症候群)、中高度の麻痺と医師に言われ、入院。退院後は飲み薬のみの処方で回復までは数カ月…長い目で見ていきましょうとのことでした。

目が閉じられず、口をゆすいだり飲み物を飲む時も手でおさえる必要があり、この状態では誰にも会えないし、接客業なのでいつ仕事に戻れるのか、治らなかったらどうしよう、と、とてもこわかったです。

 少しでも良くなればとネットで色々と調べ、鍼にチャレンジしてみようと思いました。鍼は初めてなので「鍼を刺す」=「痛い」というイメージが強く、初回はとても不安でした。

 施術をして頂き、想像とは全く違って痛みはほとんど気になりませんでした!!顔ではなく、手や足・背中などに施術をして頂いて効果を感じる事ができ、すごく不思議でした。顔への施術だったらとても緊張してこわかっただろうなと思い、こちらでみて頂けて本当に良かったです。

通うごとに変化を感じられる事がうれしく、前向きになりました。竹内先生はいつも笑顔で丁寧に接して下さり、気になる事や不安な事も相談しやすく、安心して通えました!!

数カ月かかるかもしれないと言われたのにわずか1カ月!!

ほぼ元通り!!と言える状態になったのは鍼に出会ったからだと思います。

本当にありがとうございました。

 

※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではございません

ご予約・お問い合わせはコチラ

お気軽に問合せください

お電話での予約・お問い合わせはコチラ

03-5567-0688

受付時間:10時〜20時(最終受付19:30)
休業日:木曜日・日曜日

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

そもそも顔面神経麻痺とは?

 顔面神経麻痺とは、何らかの原因で顔面神経が麻痺しまう病気です。顔面神経は筋肉の運動を司る神経なので、顔の筋肉は動かなくなりますが、顔の触覚、温度覚、痛覚には影響がないのが特徴です。

ベル麻痺、ラムゼイハント症候群、外傷性顔面神経麻痺があります。

顔面神経麻痺の原因

なぜ顔面神経麻痺に?

 ウイルス感染、ストレスなどにより、顔面を支配する神経が麻痺してしまった状態を顔面神経麻痺と言います。現在の西洋医学では明確な原因が分からないケースが多く、顔面神経麻痺に特化した処置も行われていません。

 顔面神経麻痺には3種類あり、「ベル麻痺」「ラムゼイハント症候群」「外傷性」の3つの種類あります。

 

一般的な「ベル麻痺」に比べると帯状疱疹ウイルスが原因の「ラムゼイハント症候群」の方が難治性です。

病院に行くと、薬の内服や点滴を(通院または入院)します。一般的な経過として、まずは1~2週間行います。

その後は血流改善の薬、ビタミン剤などで経過観察になります。

医師からは「半年から1年で良くなってくるでしょう」と言われる事があります。

西洋医学では十分に回復する事がなく、良くなるまでの期間が長期に渡るため、大きな不安を抱え、悩まれる方が多いです。

 

その結果、鍼を選択する方は少なくありません

4割の人が 風邪 が原因で発症する

 顔面神経麻痺を専門とする当院では、多くの方が来院されます。

全員のお話を聞いて、身体をみてみると、約4割の方が「風邪」をきっかけに発症している事がわかりました。

 来院された方には、まず発症前後の様子を細かくカウンセリングします。その中で「そういえば風邪をこじらせてた」「喉がずっと痛かったかも」などの風邪に似たような症状を思い出す方も少なくありません。

風邪を引いてしまうと、2つの要因で顔面神経麻痺を発症しやすくなります。

 

風邪を引く事で、頚・肩の筋肉が硬くなります。すると、顔面への血流が悪くなり、顔面神経に酸素や栄養が届かなくなります。

 

風邪を引くという事は免疫力が弱っている状況です。免疫力が低下していると、ヘルペスウイルスなどが暴れ出し、帯状疱疹が出現しやすくなります。帯状疱疹が顔面神経まで及んでしまうと発症します。

顔面神経麻痺は鍼灸で改善するのか?

 顔面神経麻痺になったら、迷わず鍼を行ってください。

顔面神経麻痺こそ、鍼のポテンシャルが発揮される分野です。顔面が麻痺してしまう仕組みは、顔面神経への血流が乏しくなると、酸素や栄養が足らなくなります。

すると神経が正常に働かなくなり、顔が動かなくなります。

 顔面神経麻痺を改善するためには、神経に新鮮な血液を送り、栄養を届ける事で回復を促します。

一般的な鍼灸では、顔面に鍼をする事で血流改善を促します。

回復する症例も多くありますが、その一方で残念ながら改善しなかった例もあります。

改善しなかった理由を追求していくと、顔以外にも原因があったのです。

正確には、麻痺の回復を阻害している原因が顔以外の場所にありました

一般的な鍼灸の顔面神経麻痺のアプローチ

 一般的な鍼灸では、「顔面に鍼をする」さらに「刺した鍼に電流を流す」事が主流となっています。こういった施術の目的は、顔面の筋肉にちょっとした傷を作る事です。人間にはだれしも自然治癒力が備わっているため、傷を治そうと修復します。その自然治癒力を利用して麻痺の改善をめざします。

 従来の鍼灸では改善する人もいますが、顔面への施術のみでは改善しない人も少なくありません。

顔に鍼をしない方が改善率が高い

鍼灸業界全体では顔に直接鍼をする事で改善を期待する方法が多く見られます。

従来の施術法を学び、さらに高い施術効果を実現するために研究を重ねました

その結果、効果的な方法が「顔に鍼をしない」という事だったのです。

顔に鍼をしない事のメリット

  • 顔面に鍼をするよりも効果が高い
  • 顔面ではなく手足や背中に鍼をするため、施術時の痛みが少ない
  • 顔に鍼をしないため、顔の筋肉を傷つけずに回復を早められる
  • ウイルス性でも早期から施術可能
  • 顔面神経麻痺の原因から施術するため、再発の心配がない

頚・肩コリの状態が重要

 顔面神経麻痺は頚、肩こりの状態に注目する事で改善率が上がりました。

頚や肩が凝り固まっていると、顔に血液が運ばれにくくなり、顔面神経が回復するために必要な栄養が届かなくなるため、顔の表情も硬くなってしまいます。

柔らかい表情を取り戻すためには、柔らかい頚・肩にして、顔面へ新鮮な血液をたくさん送る事が必要不可欠になります。

つまり、「豊かな表情を作るためにはしなやかな頚肩が必要」なのです。

施術の開始が早いほど、良くなる率も高くなります。

 発症から3ヶ月以内であれば諦めないでください。

病院での薬の内服や点滴が終わり、経過観察になってしまった方でも、鍼灸で積極的な施術が可能です。

顔面神経麻痺の施術は時間との戦いでもあります。

 そのため、週に2〜3回の施術が必要になります。

麻痺が固定しないうちに早期に施術する事が、改善の鍵です。

今までの実績から、施術期間と改善の目安をお伝えします

  • 発症から数日

3回〜7回の施術で改善の可能性があります。

 

  • 発症から2週間以内

10回前後の施術を行い、8割の方が改善を目指せます。

 

  • 発症から1ヶ月〜2ヶ月

改善は見込めますが、中期的な施術が必要になります。

 

  • 発症から3ヶ月以上

中・長期的な施術が必要になります。

 

  • 発症から1年以上

長期的な施術が必要になります。

 

ラムゼイハント症候群の場合は、ベル麻痺に比べ、3〜5倍程度時間がかかり、後遺症が残る可能性があります。

改善までのスピードには個人差があり、効果が出やすい人とそうでない人もいます。

身体の状態によって、毎回の施術で最適なツボを選択して施術をしていきます。効果が出にくい場合は、ツボの組み合わせを工夫して施術効果を高めていきます。

最少の鍼だからこそ最大効果

 1回の施術で使う鍼は3〜7本です。同時に鍼するのは多くても3箇所までです。一般的な鍼灸院と比べて少なめですが、理由があります。

 鍼の効果を顔に集中させる必要があります。余分なツボに鍼をすれば、顔への効果が薄くなります。

顔面神経麻痺の施術には、顔に効くツボだけを厳選し、顔に新鮮な血液を送る事が重要です。

また少ない鍼の場合、身体への負担が減り、回復が早まります。

顔面神経麻痺で使用するツボ

 顔面神経麻痺の施術で研究を繰り返し、顔には刺さない事が最も効果的である事が判明しました。

背中に鍼をする事が多いです。

お客様それぞれの麻痺の状態に合わせて、最適なツボを毎回選んで行きます

ご予約・お問い合わせはコチラ

お気軽に問合せください

お電話での予約・お問い合わせはコチラ

03-5567-0688

受付時間:10時〜20時(最終受付19:20)
休業日:木曜日・日曜日

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

病院で治らなかったあなたへ

はじめまして!

東京・駒込にある

「はりきゅうルーム 岳(がく)」

院長の竹内 岳登(たけうち がくと)です。

私も耳鼻科の病気で物心ついた時から悩んでいました。多くの病院に通い、薬を飲み続けてきました。

残念ながら、薬で改善される事はありませんでした。

私はこのような経験から、耳鼻科疾患で悩んでいる人の力になりたいと、強く思うようになりました。

同時に、薬の存在に疑問を感じるようになりました。

薬が有効な場面は多くありますが、効果がみられない場合も多くあります。

 
 
私は、病院で治らなかった症状。
薬で良くならなかった症状。
 
それらの症状を耳鼻科領域に特化して研究してきました。
西洋医学と東洋医学では、スプーンとフォークのような関係性です。
スパゲッティーをフォーク(西洋医学)では簡単に食べられますが、スプーン(東洋医学)では食べる事は難しいです。スープの場合は、フォーク(西洋医学)よりもスプーン(東洋医学)の方が断然向いています。
顔面神経麻痺は東洋医学(スプーン)の方が適しています
今後も鍼灸が得意な分野を研究し、可能性を広げ続けていきます。

料金表

鍼施術

鍼施術

初検料 2,000円(税込)

施術料 8,000円(税込)
時間の目安

初回:40〜60分  2回目以降:20〜30分

※ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

顔面神経麻痺が治ったら、何がしたいですか?

 昨日まで普通だった顔が、突然動かなくなってしまい、パニックと同時に不安でいっぱいになります。

「このままだったらどうしよう」「本当に良くなるのか」

こんな不安な気持ちでいる方がほとんどだと思います。

そんな方に、私は施術で結果を出すだけではなく、あなたの不安に思っている事も解決のお手伝いをさせて頂きます。

同じ悩みを持っている方をこれまで沢山みさせて頂きました。その経験から、あなたの不安に先回りして、対応します。

顔面神経麻痺で悩んでいる方が、一人でも多く笑顔になり、幸せな生活ができる様にサポートいたします。

施術開始が早ければ早いほど、改善の見込みも高くなります。

お気持ちが決まりましたら、1日でも早くご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

【完全予約制】
お問合せ・ご予約は、お電話、お問合せフォーム、LINEからお気軽にどうぞ。

03-5567-0688

アクセス

03-5567-0688
住所

JR山手線 駒込駅 徒歩3分
東京都北区中里2丁目11ー3 SKハウス1F