突発性難聴・顔面神経麻痺・喉・花粉症が専門の耳鼻科鍼灸院

住所
山手線 駒込駅東口徒歩3分 東京都北区中里2-11-3 SKハウス1F

【 完全予約制 】お気軽にお電話ください

03-5567-0688
受付時間
10時〜20時(最終受付19:30)
休業日
木曜日・日曜日

夏期休暇のお知らせ:8月21日(水)〜8月23日(金)

メニエール病専門

当院の3つの特徴

メニエール病の改善に特化した技術

メニエール病の施術を徹底的にみがいています。メニエール病を改善するためには、一般的な鍼灸の技術だけでは足りません。

顔だけでなく身体全体を観察し、多角的に分析する事で、原因が浮かび上がってきます。

国家資格プラスαの専門知識

国から認められた教育機関である専門学校で、所定の学科や実技をクリアして、厳しい国家試験を合格した者だけが与えられる国家資格。

当院は、国家資格プラスαの専門知識で、顔面神経麻痺で悩む方に応えていきます。

院長の強い思い

「今の症状だけ取れればいい」とは思っていません。

身体が楽になったら、本当にやりたい事はなんですか?

症状改善の先にある、あなたの笑顔や幸せを目標にしています。

こんな症状で悩んでいませんか?

  • めまい(フラフラ、ふわふわ、グラグラ、グルグル)
  • 吐き気、嘔吐、動悸
  • 耳が聴こえない、聞き取り辛い(難聴)
  • 耳鳴り、耳閉塞感(耳が圧迫される感じ、耳の詰まり)

大丈夫です。メニエール病は治ります!

メニエール病は「頚コリ」が原因です。

 メニエール病の原因には「頚コリ」が隠れています。頚が凝って

メニエール病とは?

 メニエール病とは、耳の奥にある平衡感覚を司る「半規管」と音を伝える「蝸牛」を満たす内リンパ液が増えすぎて腫れ上がってしまうこと原因で起こります

この内リンパ液が増えてしまうことで、蝸牛や三半規管が障害され、激しい回転性のめまいや難聴、耳鳴り、耳閉塞感を引き起こします

 メニエール病は、ストレスが発症に深く関与していること、その他にも過労や睡眠不足などを避けることが重要で、規則正しい生活が大切です。

 またメニエール病は、発症年齢も若く、30代後半〜50代後半が多いです。

 

メニエール病の症状

なぜメニエール病に?

 メニエール病とは、耳の奥(内耳)に半規管を満たす内リンパ液が増え、腫れ上がってしまうことが原因で発症します。

 それにより、内耳の感覚細胞が障害され、めまいや難聴、耳鳴りなどの症状を引き起こします

 またメニエール病はストレスも大きく関わってくるため、ストレスを軽減させるように規則正しい生活を心がける必要があります。

メニエール病の症状は?

 メニエール病の症状は、回転性の激しいめまい(目眩)、難聴、耳鳴り、耳閉塞感があります

 回転性の激しいめまいとは、目の前の景色がぐるぐると回るようなめまいが特徴で、めまいと同時に吐き気や嘔吐、動悸、冷や汗などの自律神経症状を伴うことが多いです。

難聴や耳鳴りは、片方の耳に起こりやすく、難聴は特に低音域が聴こえづらくなることが多いと言われています。

 

 その他には、眼球が小刻みにゆれる「眼振(がんしん)」、異常な寒気・暑さなどの温感異常を引き起こす場合もあります 

 

病院での

メニエール病の一般的な治し方

 メニエール病の薬や処置は、何種類かありますが、対症療法が中心となります。

くすり

 まずは、利尿剤の使用です。利尿剤を使用することで、水分代謝が高まり、増えすぎた内リンパ液の排出を促します。まためまいによる吐き気や嘔吐には、制吐剤を使用します。

 薬剤の使用方法は、めまいに伴う吐き気や嘔吐がある場合は、静注点滴を行ないます。また、利尿剤を内服する方法もありますが、口から飲む薬は苦くてまずいです。

手術

 規則正しい生活を送ったり、内服や点滴で改善が見込めず、発作を繰り返す場合は手術を検討します手術方法としては、「ゲンタマイシン鼓室内注入術」と「内リンパ嚢開放術」の2つがあります

 

 「ゲンタマイシン鼓室内注入術」は、ゲンタマイシンという抗生物質を経鼓膜に注入し、内耳の前庭系の有毛細胞に障害を起こす方法です。1日1回、3日程連続で行います。

 「内リンパ嚢解放術」は、ステロイドの粉末をリンパ嚢に入れるという方法です。中耳の側頭骨を切り開き、内リンパ嚢を出します。さらにそれを解放し、内リンパ液を排出した上で、ステロイドの粉末をリンパ嚢に入れます。

 手術は基本、短期間の入院が必要になり、全身麻酔下で行われます。

 

三叉神経痛は鍼灸で改善するのか?

顔面神経麻痺になったら、迷わず鍼を行ってください。顔面神経麻痺こそ、鍼のポテンシャルが発揮される分野です。

顔面が麻痺してしまう仕組みは、顔面神経への血流が乏しくなると、酸素や栄養が足らなくなります。

すると神経が正常に働かなくなり、顔が動かなくなります。

顔面神経麻痺を改善するためには、神経に新鮮な血液を送り、栄養を届ける事で回復を促します。

一般的な鍼灸では、顔面に鍼をする事で血流改善を促します。

回復する症例も多くありますが、その一方で残念ながら改善しなかった例もあります。

改善しなかった理由を追求していくと、顔以外にも原因があったのです。

正確には、麻痺の回復を阻害している原因が顔以外の場所にありました

一般的な鍼灸の三叉神経痛のアプローチ

 一般的な鍼灸施術は、当院以外行っている鍼灸院は少ないです。

顔に鍼をしない方が改善率が高い

鍼灸業界全体では顔に直接鍼をする事で改善を期待する施術方法が多く見られます。

従来の施術法を学び、さらに高い施術効果を実現するために研究を重ねました

その結果、効果的な方法が「顔に鍼をしない」という事だったのです。

顔に鍼をしない事のメリット

  • 顔面に鍼をするよりも効果が高い
  • 顔面ではなく手足や背中に鍼をするため、施術時の痛みが少ない
  • 顔に鍼をしないため、顔の筋肉を傷つけずに回復を早められる
  • ウイルス性でも早期から施術可能
  • 顔面神経麻痺の原因から施術するため、再発の心配がない

頚・肩コリの状態が重要

顔面神経麻痺は頚、肩こりの状態に注目する事で改善率が上がりました。

頚や肩が凝り固まっていると、顔に血液が運ばれにくくなり、顔面神経が回復するために必要な栄養が届かなくなるため、顔の表情も硬くなってしまいます。

柔らかい表情を取り戻すためには、柔らかい頚・肩にして、顔面へ新鮮な血液をたくさん送る事が必要不可欠になります。

つまり、「豊かな表情を作るためにはしなやかな頚肩が必要」なのです。

最少の鍼だからこそ最大効果

 1回の施術で使う鍼は3〜7本です。同時に鍼するのは多くても3箇所までです。一般的な鍼灸院と比べて少なめですが、理由があります。

鍼の効果を顔に集中させる必要があります。余分なツボに鍼をすれば、顔への効果が薄くなります。

メニエール病の施術には、顔に効くツボだけを厳選し、顔に新鮮な血液を送る事が重要です。

また少ない鍼の場合、身体への負担が減り、回復が早まります。

メニエール病で使用するツボ

メニエール病の施術で研究を繰り返し、顔には刺さない事が最も効果的である事が判明しました。

手、足、背中、に鍼をする事が多いです。

患者様それぞれの麻痺の状態に合わせて、最適なツボを毎回選んで行きます

ご予約・お問い合わせはコチラ

お気軽に問合せください

お電話での予約・お問い合わせはコチラ

03-5567-0688

受付時間:10時〜20時(最終受付19:30)
休業日:木曜日・日曜日

※友達追加していただいた後、LINEでメッセージをお送りください。

病院で治らなかったあなたへ

はじめまして!

東京・駒込にある

「はりきゅうルーム 岳(がく)」

院長の竹内 岳登(たけうち がくと)です。

私は小学生から数年前まで、ひどいアレルギー性鼻炎で悩んでいました。

突発的にくしゃみ、鼻水が出てきて、止まることはありません。ひどい時は意識がもうろうとし、歩けなくなる事も少なくありませんでした。

耳鼻科を何件も通い、さまざまな薬を使ってきましたが、残念ながら症状は改善されませんでした。薬の副作用で「眠気」「のどの渇き」があり、それらに苦しみ続けていました。

 
そんな時、臨床を繰り返す中で、鼻炎の原因は「鼻に熱がこもること」に気付きました。それ以降、鼻に「熱」を溜めないための施術を自分自身に繰り返しました。
するとアレルギー性鼻炎が克服できたのです。今では鼻炎であった事を忘れられる生活を送っています。
私はこのような経験から、耳鼻科疾患で悩んでいる人の力になりたいと、強く思うようになりました。
同時に、薬の存在に疑問を感じるようになりました。
薬が有効な場面は多くありますが、常用していくことは身体によくありません
薬を使わないで済む生活を、送れる事にこしたことはありません。
 
 
私は、病院で治らなかった症状。
薬で良くならなかった症状。
 
それらの症状を耳鼻科領域に特化して研究してきました。
 
西洋医学と東洋医学では、スプーンとフォークのような関係性です。
スパゲッティーをフォーク(西洋医学)では簡単に食べられますが、スプーン(東洋医学)では食べる事は難しいです。スープの場合は、フォーク(西洋医学)よりもスプーン(東洋医学)の方が断然向いています。
突発性難聴・顔面神経麻痺・喉・花粉症は東洋医学(スプーン)が適しています。
鍼灸が得意な分野を研究し、可能性を広げ続けています。

料金表

施術料

鍼施術

初検料 2,000円(税込)

施術料 8,000円(税込)
時間の目安

初回:40〜60分  2回目以降:20〜30分

※ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

メニエール病が治ったら、何がしたいですか?

 メニエール病とこのまま付き合っていかなくちゃいけないのかな?

もう治らないのかな?

そんな方に、私は施術で結果を出すだけではなく、あなたの不安に思っている事も解決のお手伝いをさせて頂きます。

同じ悩みを持っている方をこれまで沢山みさせて頂きました。その経験から、あなたの不安に先回りして、対応します。

メニエール病で悩んでいる方が、一人でも多く笑顔になり、幸せな生活ができる様にサポートいたします。

ご予約・お問い合わせ

【完全予約制】
お問合せ・ご予約は、お電話、お問合せフォーム、LINEからお気軽にどうぞ。

03-5567-0688

アクセス

03-5567-0688
住所

JR山手線 駒込駅 徒歩3分
東京都北区中里2丁目11ー3 SKハウス1F